Things I Didn't Know

ミュージカルが好き。歌とダンスと物語が好き。定期的にソウルへ行きます。

BTSとミュージカルで韓国語を学ぶオタクの話

先日、BTSの所属事務所が語学学習コンテンツ『Learn Korean with BTSを公開!わーすばらしい。心なしかわたしの周りでも韓国語の勉強はじめようって方が増えてきたような気がします。

kt.wowkorea.jp

ということで、今回は語学学習をテーマに記事を書くことにしました。

わたしは留学経験もないし、まだまだ大したレベルじゃないので「こうして韓国語ができるようになった!」というお役立ち情報は提供できません。でも今すごく韓国語の勉強が楽しいんですよ。自分に合う勉強方法が定着してからは本当に楽しくて、予定のない休日なんかは起きてから寝るまでずっとノートに向かってることもあります。ですので、これは「楽しい」の部分をメインとしたエントリになると思います。

この記事ではこんな話をしていきます。

  • 今の韓国語レベルとこれまでの勉強量について
  • 外国語を学ぶ家族たちの話
  • 英語をちょっとだけ勉強した話
  • 韓国語をはじめたきっかけ
  • 韓国語個人レッスンの話
  • BTSのコンテンツをつかった学習方法


■ 韓国語レベルはどのくらい?


 まず今のわたしはというと

  • はじめてハングルを覚えてから4年半
  • 韓国語のレッスンに通いはじめて2年弱
  • ここ最近の勉強時間は週7~12時間くらい?

自分の語学レベルを表現するのは難しいんですが、たとえば授賞式のスピーチやコンサートのMCなど、聴衆に向けて伝わりやすく話してくれて、話題も限定されているシチュエーションなら7~8割くらいは拾えているかと思います。ヒアリングよりリーディングの方が得意なので、韓国語字幕がつくと少し理解度があがります。バラエティなどメンバー同士でワチャワチャ話しているのは聞き取りが難しかったり…シチュエーションや話し方によってかなり変動します。スピーキングはまるで駄目ですが、韓国人観光客の方に軽く道案内したり、韓国で店員さんに簡単な質問するくらいはなんとか。

正直、独学も含め4年半やってるわりにはレベルが低いと思います。まじめに勉強しはじめたのは個人レッスンに通いはじめてからで、1日平均1時間以上勉強するようになったのはここ半年くらい。

基礎を無視してスタートした私のやり方は、参考にしづらいというかしない方がいいとこもあると思います。でもわたし自身、まわりの韓国ミュージカル仲間たちががんがん勉強して翻訳をシェアしてくれたり、TOPIK受けたり短期留学する姿を見てやる気を出してたなぁと思い出したので、わたしも「いつか勉強を始めたいとずっと思ってる」「やってたけど最近ノート開いてなかった」みたいな方の背中を押すひとりになれたらと思い、これを書くことにしました。


■ 外国語を学ぶタイプのオタク一家


自分の話をする前に、家族の話をしますね。(ここは飛ばしてもまったく問題ないゾーンです)

わたしの家族はみんな、趣味のために外国語を学んできた人たち。プレミアリーグにどハマりしたことをきっかけに英語を勉強し、今は念願かなってイギリスで働きながらサッカーの試合を観にいく次女。ハリーポッターを教材にして英語を勉強し、今は仕事で英語をつかう三女。(あ、わたしが長女です)他界した母も生前、韓国ドラマを字幕なしで楽しめるレベルまで韓国語を勉強してました。

そして父はというと、まず少年時代にビートルズにハマったことをきっかけに英語をマスター。ビートルズコピーバンドもやってて、インターネット黎明期からオフ会開いてるタイプのオタクでした。英語圏のミステリー小説も好きなので、原書で読むために「銃器辞典」とか「警察用語集」とかマニアックな和英辞典を本棚に揃えていたのを覚えてます。40代でイタリア美術にハマってイタリア語教室に通い出し、その後オペラを習いはじめて、家のなかでドイツ語やラテン語の歌を熱唱するように。なので父と同居していた頃は、朝からNHKラジオ講座が3ヶ国語連続で流れるのが常でした。

そんな光景が日常だったので「好きならやっぱりなるべく原語で!」って考え方は、今思うと家族のみんなに影響されてきたんだと思います。でも中高生のときは外国の文化にさほど興味がなかったので、英語の授業がまったく好きになれなくて、自発的に語学を勉強するようになるなんて考えもしなかったんですよね。


■ 英語を勉強しはじめた


英語の授業を全然まじめに聞いていなかったわたしが趣味で英語を勉強しはじめたのは、ミュージカルウィキッドで海外ミュージカル沼にはまったことがきっかけです。

ウィキッド』は『オズの魔法使い』に出てくる緑の肌の魔女・エルファバを主人公に据えたストーリー。エルファバがオズの衛兵から逃れて、空へ飛びあがるときに歌う〈自由を求めて(Defying Gravity)〉が作品のハイライト。日韓米英で20回以上は観てますが、何回観ても圧倒されて座席から立ち上がれなくなってしまう、作中でいちばん好きな曲です!

その日本語版歌詞の一部がこちら。

誰にもとめられない
羽ばたこう 大空へと
恐れはしないわ

邪魔などさせない
誰もが怖がるこの力を いま

ところがこの部分、オリジナルである英語版を聴いてみるとこうなってるんです。

Tell them how I am Defying gravity
I'm flying high Defying gravity
And soon I'll match them in renown
彼らに伝えて 私がどうやって重圧に逆らうのか
重力に逆らってどれほど高く飛んだのか
すぐに名声を得て 対抗してみせると

And nobody in all of Oz
No Wizard that there is or was
Is ever gonna bring me down!
このオズの国の誰にも
今いる そして今までにいた魔法使いの誰にも
私を引きずりおろすことはできない

 同じメロディを歌っているのに!!歌詞の情報量ぜんぜん違う!!!っていう衝撃。日本語の場合は1音につき1語になるので、メロディに載せられる単語数が英語に比べて半分くらいになってしまうんですね…。歌としての響きも考慮しながら要約された日本語版歌詞も素晴らしいと思うのですが、どうしても削がれてしまう部分がたくさんでてくる。オリジナルのストーリーを深く理解するには、英語がわからないとだめなんだ…「語学ムリ〜」とか言ってる場合じゃない…と思いました。

動画はわたしの初渡英時に主役を演じていたRachel Tuckerのテレビ番組での歌唱。

www.youtube.com

それからは、ミュージカルの歌詞やニュース、好きな児童書などでリーディングを中心に英語にふれるようになりました。日本語訳に不満のあったハリー・ポッターもがんばって原書で読んだり。(しかし6巻の途中で挫折)翌年には初めて渡英し、念願のウィキッド英語版を観劇。そのあとはやけに調子づき、一人でもたまに観劇旅行をするように。仕事をやめたタイミングでロンドンに行き、3週間の観劇三昧をしたことは一生の思い出です。今も全然喋れはしないし、英語は本当に中途半端なままで止まってるんですが、多少はわかるようになったことで行動範囲が国外に及んで、とにかくオタクとして好みのものに出会える範囲が一気に広がった感じがありました。


■ 韓国語を勉強しはじめた


わたしが初めてハングルを読めるようになったのは、2015年夏。ソウルでミュージカルジーザス・クライスト・スーパースターを観たことがきっかけです。

それまでの3年くらいの間にもソウルには何度か行ってたのですが、ハングルは一文字も読めませんでした。韓国で観劇するときは、もともとストーリーを把握してる作品だけをチョイスしていたし、歌さえ楽しめればいいと思ってたからです。

ジーザス〜』も「英語版の映像観てるから大体流れはわかるし」と気軽なノリで観たのですが、俳優の歌と演技がすごすぎて「リアルタイムで何が歌われてるのを知りたい…!一言一句知りたい…!」と猛烈に思って、ソウルからの帰国後すぐに勉強をはじめました。

*動画は『ジーザス・クライスト・スーパースター』より〈ゲッセマネ


박은태 MV - 겟세마네 Gethsemane(지저스 크라이스트 수퍼스타)

実際やってみるとハングルはほんの小一時間でざっくり読めるようになったので「なんでもっと早くやらなかったんだ」ってすごい後悔した。しかも文法がほぼ同じで、発音が似ている言葉も多い…英語と比較するとものすごく覚えやすくてびっくりました。K-POPアイドルにも英語より日本語の方が得意な人が多いですが、お互いに習得しやすい言語なんですよね。

ここからやるようになったのは、とにかくミュージカルの歌詞を覚えること。そのためごく初期に覚えた韓国語は「裏切られて死ななければならない運命」とか「偉大なる生命創造の歴史が始まる」とか、穏やかでないやつばっかりで実生活ではまるで役にたちません。特にテキストなどは使わず、文法は歌詞やセリフの訳を通じてざっくり覚えていった感じ。今から考えるとちゃんと基礎をやっとく方が近道だったと思うんですが、この時は「次に観る作品の歌詞を頭に入れる」の一点集中でずんずん突き進んでたんですよね。だいぶクレイジーでしたけど、最初の半年などは驚異の吸収力だった気がするし、きっとあれはあれでよかったんだな。

ジーザス〜』以来、1〜2ヶ月に1回の頻度でソウルに行くようになったので、予習して、ソウルで観劇して、帰ってきたらまた次の渡韓に向けて予習…というルーティンが習慣になっていきました。ちなみにわたしなんか足元にも及ばないくらい、韓国ミュージカル沼の方々の語学への熱量はすごい。上達のスピードもすごい。K-POP沼と違って韓日翻訳者の少ないジャンルだし、自分が覚えない限り劇場でセリフや歌詞を理解することはできないからです。たった3時間ほどの観劇のために何週間もかけて予習するからこそ、幕が開いたときの感動は大きいんですよね。あー早くソウルでミュージカル観たい…。


NHKハングル講座をみる


それ以外で韓国語1年生のときにやったことと言えば、NHKで毎週放送されている『テレビでハングル講座をみることくらい。

www.nhk.jp

4月はじまりで、キソのキソからやってくれるのでこれを1年通して観るだけで、土台ができると思います。毎年違うレギュラー出演者が一から教わっていくかたちなんですが、わたしが観てた年の生徒役だった俳優の渡辺秀さんが本当に真面目に取り組んでおられて、3月の卒業回はもらい泣きしたな〜。

やっぱり自学って続けるのが難しいところありますし、『ハングル講座』は毎週30分時間をとって少しずつ進められるのがいいところ。復習回も設けられていて、初心者にとてもやさしいです。お世話になったので宣伝しておきたい。毎週水曜23:30放送、金曜6:00再放送です!


■ 個人レッスンに通いはじめた


そんなヌルっとした独学を2年以上つづけたのちに、2年前くらいから個人レッスンを受けはじめました。まじめに勉強をはじめようと思ったのは、数年の間にミュージカル・映画・文学と、韓国発のエンタメにどんどん惹かれていって、国内エンタメ離れが進んでいったことで「わたしは一生韓国文化にお世話になる」って確信したからです。今まじめにやっておけば将来のオタク生活がもっと充実するだろうと!

ググって見つけたプロフィールをみて個人レッスンを申し込んだ先生は、わたしと同年代。大学の時に日本に留学されて、今は日本在住の韓国人の先生です。もともと中高生のときに日本の漫画のファンになったことがきっかけで日本語を勉強しはじめたそう。かつてはとある漫画のファンサイトを運営するほどだったそうで、「翻訳ではわからない日本語のニュアンスを理解したい」っていうのが日本語学習をはじめる動機だったとか。わ〜先生も語学やるタイプのオタクだ〜って即だいすきになりました。

レッスンはテキストをつかってリーディングと文法を並行してやっているのですが、そのほかにも漫画の話したり、BTSの歌詞について質問したりと、いろんなことを教えてもらえるのが楽しい。渡韓がかぶった時にはソウルでおすすめの場所に連れて行ってもらったり。良い先生に出会えてよかったです。毎週レッスンが楽しみ。大人の習いごとってこんなに楽しいもんなんだなぁ。

わたしの仕事は業務量の増減が読みにくいので、時間や曜日を調整しやすい個人レッスンはすごく便利。残業になっても大丈夫なように、いつも遅めの時間にしておいて、レッスンまで時間が空いたときはカフェとかでご飯たべながら予習と復習をしてます。


■ 歌詞がわかるとコンサートがもっと楽しい


BTS沼に落ちて驚いたのは、何らかコンテンツが投下されたら秒で翻訳が出ること。とにかく母数のでかいファンダムで翻訳者さんにめぐまれているので、先に韓国ミュージカル沼を通ってなければ、韓国語を勉強してなかったんじゃないかってたまに思う。

だけどBTSを好きになって、勉強への意欲はめちゃめちゃあがりました。ていうのは、やっぱりBTSに惹かれた大きなポイントが歌詞にあるからです。だから歌詞を理解したいし、覚えて歌いたい。コンサートで歌っているときの感情表現を拾いたい。BTSの歌詞はほかのK-POPに比べても難しい単語がつかわれがちですし、まだまだわたしのレベルでは初聴で聞き取れないところが多いんですが、ゆっくり歌詞を読んでみて、自分で訳して、歌が意味をもって聴こえるようになるときの喜びはすごく大きいです。振り付けも歌詞に合わせたものになっていることが多いですし、コンサートでぐっと感情を込めて歌ったり、歌詞を表現した仕草をするのがわかると、感動が深くなります。

なにより推したちの曲は放っておいてもアホほど聴くので、リリースされてすぐに覚えてしまえば聴くたびに反復学習になります。だから歌詞のなかで出てきた単語は確実に覚えられるという利点が!歌詞のまる覚えは初心者でも気合があればできるので、これやるとコンサートの楽しさが増す…っていうのはぜひお伝えしておきたいです。


BTSの旅番組を教材に


ということで今わたしがBTSのコンテンツを使って、どんなふうに勉強しているかという話をします。

ここのところずっと使ってるのはBTSの旅番組『BON VOYAGE』。ARMY以外の方向けに説明をいれておくと、シーズン1〜3(北欧・ハワイ・マルタ島)までがV LIVEで、シーズン4(ニュージーランド)がWeverseで配信されています。有料なんですけど、たとえば最新のシーズン4なら2100円ほどで買えて、トータル12時間分くらいあるのでめちゃめちゃ安いですよね…


BTS (방탄소년단) BON VOYAGE Season 4 Teaser : 방탄소년단의 네 번째 여행

V LIVEとWeverseは多言語字幕がついていて、PCだと切り替えもかんたん。しかもDVDの字幕などにくらべても翻訳の精度が高いです。Weverseには「10秒戻るボタン」がついてるのも便利ポイント。

もちろん『Run!BTS』などのボンボヤ以外の他のコンテンツでもいいんですが、ボンボヤの良いところはふだんの生活のなかで使う言葉がたくさん出てくること。スーパーで買い物したり、運転したり、料理したり。本人たちも「仕事とプライベートの間くらい」だと話してましたが、素に近いBTSがみられるのが楽しいですよね。ボンボヤ、ほんと大好きなんですよ。特に最新のシーズン4は、なるべく本人たちがやりたいことを詰め込んで、素を引き出しやすい撮影方法がとられていたところが良かったな。ワールドスターBTSが、ブッキング・ドットコムで自ら泊まる宿を決めるところから始まるってのがすごいよね。とにかくみんな仲が良いので、何やってても楽しい!

わたしはこれを韓国字幕で見て、テロップを含め出てくるすべての単語を覚えることを目標にして勉強してます。手順としてはこんな感じ。 

【1】ノートに書き出す

まずは韓国語字幕モードで再生して、わからなかったり曖昧な単語を含む箇所をノートに書き出します。

f:id:ozmopolitan-cc:20200331165420j:plain

【2】単語を調べる

日本語字幕も確認はしますが、単語はかならず一つひとつ検索します。日本語字幕は意訳されていて、もとの意味と異なっていることが多いため。わたしは特定の辞書アプリなどは使わず、Googleで「○○+意味」で検索してます。そうすると「近い言葉との使い分け」や「どんなシチュエーションで使われるか」など、その単語について詳しく書かれた記事もヒットするからです。

これだけでけっこう時間がかかります。わたしの場合だと、映像中の15分ぶんをやるのに2時間くらいはかかる…。

【3】反復する

ひととおり終わったら、少し置いてから見返します。2回目は2〜3日後、3回目は1週間後という感じでノートを見ながら繰り返していきます。

【4】単語帳をつくる

3回くらい繰り返したら、つぎは1ヶ月くらい空けてから見返します。そうすると一度完全に記憶から抜けるので、自分のなかに定着した単語とそうでない単語がはっきり分かれる…。そこで初めて単語帳をつくります。

使っているのは「単語帳メーカー」というアプリ。

apps.apple.com

これの便利なところは、画像を設定できること。覚えにくいものは裏の部分に画像も設定しておくと「どの場面で出てきたか」「どんな文脈でつかわれたか」も一緒に覚えられるからとても良いです。

〈単語帳登録例:表/裏〉

f:id:ozmopolitan-cc:20200331162733j:plain
f:id:ozmopolitan-cc:20200331162728j:plain
※漢字語の場合は漢字も一緒に書いておくとより覚えやすい

あとは全部覚えるまで何回も単語帳をめくりまくるだけ。飽きないようにいくつものエピソードを並行しながらちょっとずつ進めてます。わたしにとっては今のところこのやり方がベストです。好きなコンテンツで勉強するってほんと楽しい…!ありがとうBTS


■ オタ活のための学習は楽しい


いや〜単語がぜんぜん覚えられないんですよね〜。ここに来てなんだって感じですが、覚えたはずの単語が日をあけて再確認するとスッポリ抜けてたりして、泣きたくなることがしょっちゅうあります。特に普段あんまり使わない言葉ってぜんぜん定着しない。自分の忘却力には自信があるので、「覚えられなくても凹まない」を言い聞かせながらやってます。やる気をなくすとノートを開く習慣が途切れてしまうので…。仕事ではないですし、自分の機嫌をとりながら「楽しい」って思える範囲で続けることは何よりも大切だという気がします。

それでも韓国語学習がこんなに楽しく続けられるのは、毎日のオタ活のなかで成果を感じられるから!覚えたばかりの単語をTLで見たとき。V LIVEの生配信で推しの話が聞き取れたとき。毎日ちょっとずつですが、ちゃんと前に進んでることを感じられるからうれしい。趣味のための語学学習って、この報酬があるから強いんですよね。

仕事がうまくいかなくて落ち込んでも、寝る前にいくつか単語を覚えたら、それだけでなんか人生進んだ気がする。自己肯定感があがります。特に先の見えない今みたいな状態のときには、そういう感覚ってすごく慰めになるんです。

BTSのワールドツアー中止・延期、本当に残念ですよね。わたしもLA公演に行く予定だったんで、今すごく落ち込んでます。なにより推したちが悲しんでるのがつらいし、できることが何もなくてもどかしい。物理的な距離はどうにもならないですが、言語的な距離だったら家に居ながら縮めることができると思うので、今は引き続きこれをがんばるしかないです。

自分にとってはこれがかなり救いになっているので、同じような方がいれば…と思って書いてみました。長々と読んでくださってありがとうございます!韓国語学習の参考になるかどうかは謎ですが、何かのお役に立てたらうれしいです。